ワインの産地 フランス シャンパーニュ地方

スパークリング・ワインとはワインに炭酸ガスが含まれ、飲み口をよくして、幸福な気分にさせてます。そのスパークリング・ワインのなかでもシャンパーニュ地方で作られ、しかも厳格な特定な製法(シャンパン方式)と特定の品種・特定の地域のぶどうを扱うものだけ、シャンパンと名乗ることができます。シャンパーニュ地方はパリ北東150Kmに位置し、フランスのワインの産地としては最も北にあります。年間平均気温10度、春の遅霜、不安定な気候など、ぶどう栽培にとっては不利な条件が多いが、伝統的な製法と厳重な品質管理によって、高品質のワインを生産しています。シャンパンとなのることができる許されたぶどうの品種は黒ぶどうのピノ・ノアール、ピノ・ムニエ、白ぶどうのシャルドネの3種のみです。また原酒となる白ワインの2/3が赤ワイン用の黒ぶどうからつくられており、これもシャンパンの特徴です。主な生産地はモンターニュ・ド・ランス、ヴァレー・ド・ラ・マルヌ、コート・デ・ブラン、バール・シュール・オーブの4地域です。

 

ラベル表示

シャンパンは異なる畑、異なるヴィンテージのワインをブレンドしてつくるため、ラベルのは原産地名ではなく製造業者の名前が表示されます。またヴィンテージも明記されません。シャンパンは製造過程の最後にドサージュ(リキュール添加)をしますが、混入するリキュールに含まれる甘庶糖の量によって、甘辛度が次の5段階に分かれラベルに表示されます。

Extra Brut 極辛口(無補糖)

Bruit          辛口

Extra Sec やや辛口

Sec    やや甘口

Demi Sec    甘口

Doux   極甘

 

シャンパンの種類

ヴィンテージ・シャンパン

ぶどうの作柄が特によかった年の原酒だけでつくられたもの。ミレジメ・シャンパンともいい、この場合はラベルにヴィンテージが表示されます。

ブラン・ド・ブラン

白ブドウのシャルドネ種のみで作られたシャンパンです。

口当たりがよく、食前酒向きです。

 

 

ワインの産地 フランス ロワール地方

ロワール川はフランス中央部を通って大西洋に流れていきます。全長1000Kmのフランスで最も長い川。その本流及び支流沿岸一帯が四大産地の一つのロワール地方です。温暖な気候に恵まれたこの付近一帯は、古城が点在する風光明媚な観光地としても有名です。白ワインが中心でフルーティーで早飲みタイプのものが多いです。

生産地は大きく4つに分かれます。

 

ナント地方

ぶどうの栽培地としては北にあるため、霜害に強いミュスカデ種をブルゴーニュから導入しました。フレッシュで口当たりのよい辛口白ワインを生産しています。

 

アンジュー、ソーニュール地域

生産量の半数以上をロゼワインが占め、なかでもグロロー種を主原料としたロゼ・ダンジューが有名です。またソニュール地区にはシュナン・ブラン種から作られる白ワインや発泡性ワインの人気が高い

 

トゥーレーヌ地域

ヴーヴレー、モンレイ両地区ではシュナン・ブラン種から良質の白ワインが作られている。また発泡性ワインのヴァン・ムスーも産出する。シノン村はロワールを代表する赤ワインの産地。カベルネ・フラン種から作られ、軽快な早飲みタイプである。

中央フランス地域

プイイ・フュメ地区、サンセール地区は、ソーヴィニヨン・ブラン種から作られる辛口の白ワインが有名

 

ワインの産地 フランス コート・デュ・ローヌ地方

フランス南東部、ローヌ川両岸に南北約200Kmにわたって広がるのが、コート・デュ・ローヌ地方です。ボルドーに次ぐフランス第2位のAOCワインの産地です。全体の95%が赤ワインです。

 

 

北部

狭い谷の急斜面にぶどう畑があり、太陽光を浴びた力強いタイプのワインが作られています。赤ワインはシラー1種。白ワインはヴィオニエ種を原料としたものが多いです。主な生産地は赤が、コート・ロティ地区、エルミタージュ地区、コルナス村など。白はコンデリュー村。

 

南部

谷が開け、皮の両岸に広がった石だらけの平地にぶどう畑が作られています。日照時間が長いためぶどうの糖度が増して、アルコール度数の高いワインができます。ほとんどが赤ワインですが、北部と違い数種から十数種を混醸して作られます。

ワインの産地 フランス ボルドー

ボルドー地方はフランスでも有名なワインの産地。

フランスの南西部、ガロンヌ川、ドルドーニュ川、ジロンド川の3つの川の流域に広がるボルドー地方は、温暖な海洋性気候に恵まれ、ブルゴーニュ地方と並ぶ一大銘地となっていります。

ボルドーのワインはブルゴーニュと違い、数種のぶどうを混醸して作られます。

ボルドーはAOCを名乗れる地区が21あります。なかでも有名なのはメドック、グラーヴ、ソーテルヌ、サン・テミリオンン、ポムロールの5地区です。

ボルドー地方のAOCワインはブルゴーニュ地方と違い、ラベルに表示できるの最小区分が村名まで。

優れたワインを生産するボルドーはいくつかの地区に分かれます。

メドック地区

凝縮された果実味と、力強くきめ細かいタンニンが織りなす気品あふれる香りと味わいです。ラフィット、マルゴー、ラトゥール、ムートンといわゆる5大シャトーのうち4つがメドックにあります。

グラーヴ地区

辛口白が有名で、グラーヴは砂利の意味で、畑は一面砂利でおおわれています。

この砂利がミネラル豊富のキレのいい辛口を生み出します。

五大シャトーの残る一つオー・ブリオンこの地域にあります。

ソーテルヌ地区

甘口の白が有名です。貴腐ワインの最高の銘醸地です。有名なのはシャトー・ディケム

 

ソーテルヌ地区

1855年の格付けによれば、特別1級がシャトー・デュケム、以下が級が11、2級が14ですべて白の甘口ワインです。

 

サン・テミリオン地区

1954年の格付けでは、第1級特別級(AとBに分かれる)と特別級に分かれ、第1級特別級シャトー・オーゾンヌとシャトー・シュヴァル・ブランの2シャトー、Bが9シャトー、特別級が63です。

 

ワインの産地 フランス ブルゴーニュ地方

パリとリオンの中間にあるオセールからマコンにかけて、細長いぶどう畑が広がっています。偉大なるぶどう畑と称されるブルゴーニュです。

ブルゴーニュのワインは単一の品種から作られるのが特徴。

ブルゴーニュは6つの地区に分けられます。

北から

シャブリ

北に孤立していますが、世界一有名な辛口白ワインの名産地です。

さわやかな酸味と魅力ある果実味、大地のミネラル由来のキレ味が魅力です。

コート・ド・ニュイ

世界的に有名な赤ワインの産地

ピノ・ノアール種を使った単醸ワイン。芳醇で深みのある味わいです。

 

コート・ド・ボーヌ

こちらも世界的に有名な赤ワインの産地。ピノ・ノアール種を使いますが、

多少穏やかな味淡いです。

 

コート・シャロネーズ

こちらもピノ・ノアール種単醸ですが、混醸もあります。

赤のメキュレイ、ジヴリー、白のモンタニーがよいです。

 

マコネー

ブルゴーニュ最大の白ワインのちゃんち。優しい口当たりとフルーティな香り

 

ボジョレー

日本でも有名なフレッシュなワインです。

 

有名な村名と特級畑名

地区名        村名              特級畑名

シャブリ       シャブリ            レ・クロ、ブランショ、ブルーズ

コート・ド・ニュイ  ジュブレー・シャンベルタン   シャンベルタン

           モレ・サン・ドニ        クロ・ド・ラ・ロシュ

           シャンポール・ミュジニー    ミュジニー

           ヴージョ            クロ・ヴージョ

           フラジェ・エシェゾー      エシェゾー

           ヴォーヌ・ロマネ        ロマネ・コンティ

           ニュイ・サン・ジョルジュ    (1級畑のみ)

 

コート・ド・ボーヌ アロース・コルトン   コルトン・シャルルマーニュ

          ボーヌ         (1級畑のみ)

          ポマール        (1級畑のみ)

          ムルソー         (1級畑のみ)

          ピュリニー・モンラッシェ モンラッシェ

          シャサーニュ・モンラッシェ クリオ・バタール・モンラッシェ

コート・シャロネーズ メルキュレー

マコネ       ブイイ・フュイッセ

          サン・ヴェラン

ボージョレ     サンタ・ムール

          ムーラン・ア・ヴァン

          モンゴン

          レニエ

ワインの産地 フランス シャンパーニュ地方

北東部に広がるシャンパン発祥の地

シャンパーニュ地方はフランスのワインの産地としては最も北寄りにあります。シャンパーニュでは、この地方の中心的都市であるランスを中心としたモンターニュ・ドゥ・ランス、ヴァレ・ドゥ・ラ・マルヌ、コート・デ・ブランの3地区で特に良質のシャンパンが作られています。ブドウの種はピノ・ノアール、シャルドネ、ピノ・ムニエの三種類。北部の寒い気候のため、同じ品種でもより酸味の強いしっかりとした繊細な味わいの果実がとれます。これがシャンパンのきめ細やかさにつながります。シャンパンを発明したのは、修道僧のドン・ペリニョンと言われています。発酵中のワインを瓶詰して放置したところ偶然シャンパンができたといわれています。一度発酵が終わったワインに糖と酵母を加えて瓶に詰め、瓶内で二次発酵させるという方法はシャンパーニュ方式といわれ、今日まで継承されています。この方式とシャンパーニュ地方で作られたもののみシャンパンとなのることができます。

ワインの産地 フランス

生産量ではイタリアに負けていますが、はやりフランスはワインの王様です。歴史、品質最高です。フランスは国土をほぼすべてワインの生産地です。フランスの品質をささえているのは、1935年に生まれたAOC法(格付けの法律)。法律によりワインの品質が決められ、ワインの品質向上につとめています。

さらには、ぶどう栽培に適した風土もフランスワインを支える土台となっています。土地の土壌、地勢、気候などすべてが適しています。

主な産地は、

ボルドー地方

コート・デュ・ローヌ地方

ラングドック・ルーション地方

シャンパーニュ

アルザス地方

ブルゴーニュ地方

ロワール地方

があります。

ぶどうの品種

どのワインも色・香・味はどれも異なっており、それはぶどうの品種の違いによるところが大きいです。

ワインを知るにはまず、ぶどうの品種を知ることが先決です。

ワインには単一の品種からつくられる単醸ワインと、複数の品種からつくられる混醸ワインとがあります。

レストランでワインを頼むとき、地名のボルドーやブルゴーニュなどのオススメとか頼むのもいいですし、ぶどうの品種、シャルドネとか、ピノ・ノアールでいいのありますかとか、聞くのもいいでしょう。

ぶどうの品種は世界中に5000種以上あります。そのなかでワインの原料になるのは約100種類。

 

白ワイン用のぶどう品種

シャルドネ

フランス・ブルゴーニュ地方やカリフォリニアの代表的品種で、非常に優れた辛口ワインになります。シャンパーニュ地方の最優良品種のひとつでもあります。

セミヨン

フランス・ボルドー地方のグラーヴやソーテルヌ地方で多く栽培されます。スーヴィニヨン・ブラン種と混醸されます。

ソーヴェニヨン・ブラン

 

ボルドー地方やロワール地方の品種。ボルドーではセミヨン種と混醸されます。ロワール地方では単独で用いられれます。

リースリング

ドイツやフランス・アルザス地方の代表的品種。さわやかな果実と豊かな酸味を持ったワインになります。

ミュカデ

フランス・ロワール地方のナント地区周辺で栽培されてる品種。フレッシュで軽い辛口タイプ

ゲヴュルツトラミネール

ゲヴュルツはスパイスを意味するドイツ語。フランス・アルザス地方やドイツなので多く使われる。ライチのような独特の芳香があり、味はまろやか。

 

赤ワイン用のぶどう品種

カベルネ・ソーヴィニヨン

ボルドー地方の最優良品種。複雑で深い味わいのワインになります。ボルドーではほかの品種と混醸しますが、カリフォルニアでは単一のものが多い。

ピノ・ノアール

フランス・ブルゴーニュ地方の最優良品種。単一で用いられ、ビロードのようなきめ細かい味わいのワインになります。シャンパーニュ地方でも用いられます。

シラー

フランスのコート・デュ・ローヌ地方や、オーストラリアで栽培される品種。

深紅色を帯びた重い飲み口のワインになります。

メルロ

ボルドー地方の最優良品種の一つ。サン・テミリオンやポムロール地区で主に用いられ、肉厚でコクのある良質なワインになります。

ガメィ

ブルゴーニュ地方ボジョレー地区で作られるワインに用いられます。フルーティーでライトな味わいです。

テンプラニーリョ

スペイン・リオハ地区の代表的品種。大変香りがよく、コクのある良質のワインになります。スペイン産ぶどうのスター的存在

 

ワインの産地

ワインの産地は、北緯30~50度、南緯30~40度でワインベルトと呼ばれています。

ぶどうがよく育つのは、年間平均気温10~20℃の温帯地域(北緯30~50度、南緯30~40度)で、とりわけ適しているのは育成期間(4~9月)に十分な日照時間がある地中海沿岸地域。水はけのよい土壌も欠かせない条件です。

 

国別での生産量は

イタリア、フランス、スペイン、米国、アルゼンチン、チリ、オーストラリア、南アフリカの順になっています。最近、南米のチリやアルゼンチン、南アフリカなど新興国の躍進が目立ちます。

 

ワインの種類

ワインとは、ぶどうの搾り汁を発酵させてつくる醸造酒のことでラテン語のvinum(ぶどう樹)が語源です。

 

ワインの色による分類

赤ワイン、白ワイン、ロゼワインに分かれます。色の違いは原料であるぶどうの品種とワインの製造方法の違いです。赤とロゼは黒ぶどうから、白は白ぶどうから作られます。

味による分類

ワインの味には大まかに分けて、甘いのから辛いのまであります。

食事には赤も白も辛いのが好まれ、食後なのどのデザート用のワインには甘いのが好まれる。

 

熟成期間による分類

ワインは醸造過程で瓶詰めされたあと、瓶の中でも熟成が続きます。

長期熟成(10~20年)のものから、早飲みタイプ(数年以内)、

ボジョレー・ヌーボーは9月にぶどうを収獲し、その年の11月に飲む早飲みです。

 

製造法による分類

 

スティル・ワイン

通常ワインと呼ばれれているのがこれで、発酵過程において生じた炭酸ガスを残していない、非発泡性のワインのこと。

スパークリング・ワイン

炭酸ガスの入った発泡性のワイン。代表格は、シャンパン

 

フォーティファイド・ワイン

発酵途中でブランデーなどアルコール度数40度以上の蒸留酒を加えて発酵を止め、味にコクを持たせると同時にアルコール度数を高めたもの。代表的なものにシェリーやポートがあります。

フレーヴァード・ワイン

ワインの中に薬草や香草類、果実、はちみつなどを添加して風味つけしたもの。

サングリアなどがあります。