ワインの格付け

ワインの個性はぶどうの品種、育つ土壌、栽培方法、気候、収獲時期、製造法、貯蔵法などによって決まります。そのため、ワインの個性を明確にし、品質を保つには規制も必要になります。そこで作られたのが1935年にフランスでできたワイン法。なかでも重要なのが格付けです。原産地統制名称ワイン(AOC)など、頻出の基準となり、有名産地を偽った偽造を防ぎ、伝統や品質を守る効果があります。これに引き続き、ヨーロッパ連合(EU)もワイン法を制定しました。

といっても格付けはワインのランク付けとは違います。もちろん特級、1級という分類もなされていますが、上級でないから安酒とも限りません。

各国の格付け

フランスの格付け

フランスでは指定地域優良ワインをさらにAOC(Appellation d’Origine Controlee)とAOVDQS(appellation d’Origine Vins Delimites de Qualite Superieure)に分類しています。

原産地は地方名、地区名、村名、畑名と細分化されており、地域が狭くなるほど格付けが上がります。最小単位の畑名を名乗れるワインは最も高い格付けになります。有名なロマネ・コンティも実はブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区ヴォーヌ・ロマネ村ロマネ・コンティ畑の畑名ワインなのです。

現在AOCワインは約400あり、その多くが日本に輸入されています。なお、AOVDQは原産地名称上質指定ワインのことでAOCより規制はややゆるいです。一方テーブルワインはVin de PaysとVin de Tableに分かれます。Vin de Paysはその地域の特徴を備えた地ワインのこと、Vin de Tableは異なる地域のワインをブレンドしたワインのことです。

 

イタリアの格付け

イタリアでは指定地域優良ワインはDOCGとDOCに分かれます。DOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)は保証付き原産地統制名称、DOC(Denominazione di Origine Controllata)は原産地統制名称と訳されフランスのAOCにあたる高級ワインです。DOCの方が規制はゆるいです。

 

ドイツワインの格付け

ドイツワインはドイツ国内のワイン法によってQualitatswein(十分な熟成、または完熟、超完熟のぶどうから作られるワイン)とTafelwein(普通の成熟度のぶどうから作られるテーブルワイン)

 

スペイン・ポルトガルの格付け

フランスのAOCに相当するDOとテーブルワインのVino de Mesaの2つのカテゴリーがあります。

カルフォリニアワインの格付け

アメリカのワインは、その9割がカリフォリニア州で作られています。国内のワイン法によって定められている格付けはVarietal WineとGeneric Wineの二つ。Varietal Wineはブドウの品種名や産地の州名、郡名などを表示したワイン。Generic Wineは品種名を表示しないブレンドワインを意味します。