ワインの産地 フランス シャンパーニュ地方

スパークリング・ワインとはワインに炭酸ガスが含まれ、飲み口をよくして、幸福な気分にさせてます。そのスパークリング・ワインのなかでもシャンパーニュ地方で作られ、しかも厳格な特定な製法(シャンパン方式)と特定の品種・特定の地域のぶどうを扱うものだけ、シャンパンと名乗ることができます。シャンパーニュ地方はパリ北東150Kmに位置し、フランスのワインの産地としては最も北にあります。年間平均気温10度、春の遅霜、不安定な気候など、ぶどう栽培にとっては不利な条件が多いが、伝統的な製法と厳重な品質管理によって、高品質のワインを生産しています。シャンパンとなのることができる許されたぶどうの品種は黒ぶどうのピノ・ノアール、ピノ・ムニエ、白ぶどうのシャルドネの3種のみです。また原酒となる白ワインの2/3が赤ワイン用の黒ぶどうからつくられており、これもシャンパンの特徴です。主な生産地はモンターニュ・ド・ランス、ヴァレー・ド・ラ・マルヌ、コート・デ・ブラン、バール・シュール・オーブの4地域です。

 

ラベル表示

シャンパンは異なる畑、異なるヴィンテージのワインをブレンドしてつくるため、ラベルのは原産地名ではなく製造業者の名前が表示されます。またヴィンテージも明記されません。シャンパンは製造過程の最後にドサージュ(リキュール添加)をしますが、混入するリキュールに含まれる甘庶糖の量によって、甘辛度が次の5段階に分かれラベルに表示されます。

Extra Brut 極辛口(無補糖)

Bruit          辛口

Extra Sec やや辛口

Sec    やや甘口

Demi Sec    甘口

Doux   極甘

 

シャンパンの種類

ヴィンテージ・シャンパン

ぶどうの作柄が特によかった年の原酒だけでつくられたもの。ミレジメ・シャンパンともいい、この場合はラベルにヴィンテージが表示されます。

ブラン・ド・ブラン

白ブドウのシャルドネ種のみで作られたシャンパンです。

口当たりがよく、食前酒向きです。