ワインの産地 フランス コート・デュ・ローヌ地方

フランス南東部、ローヌ川両岸に南北約200Kmにわたって広がるのが、コート・デュ・ローヌ地方です。ボルドーに次ぐフランス第2位のAOCワインの産地です。全体の95%が赤ワインです。

 

 

北部

狭い谷の急斜面にぶどう畑があり、太陽光を浴びた力強いタイプのワインが作られています。赤ワインはシラー1種。白ワインはヴィオニエ種を原料としたものが多いです。主な生産地は赤が、コート・ロティ地区、エルミタージュ地区、コルナス村など。白はコンデリュー村。

 

南部

谷が開け、皮の両岸に広がった石だらけの平地にぶどう畑が作られています。日照時間が長いためぶどうの糖度が増して、アルコール度数の高いワインができます。ほとんどが赤ワインですが、北部と違い数種から十数種を混醸して作られます。