ワインの産地 フランス ボルドー

ボルドー地方はフランスでも有名なワインの産地。

フランスの南西部、ガロンヌ川、ドルドーニュ川、ジロンド川の3つの川の流域に広がるボルドー地方は、温暖な海洋性気候に恵まれ、ブルゴーニュ地方と並ぶ一大銘地となっていります。

ボルドーのワインはブルゴーニュと違い、数種のぶどうを混醸して作られます。

ボルドーはAOCを名乗れる地区が21あります。なかでも有名なのはメドック、グラーヴ、ソーテルヌ、サン・テミリオンン、ポムロールの5地区です。

ボルドー地方のAOCワインはブルゴーニュ地方と違い、ラベルに表示できるの最小区分が村名まで。

優れたワインを生産するボルドーはいくつかの地区に分かれます。

メドック地区

凝縮された果実味と、力強くきめ細かいタンニンが織りなす気品あふれる香りと味わいです。ラフィット、マルゴー、ラトゥール、ムートンといわゆる5大シャトーのうち4つがメドックにあります。

グラーヴ地区

辛口白が有名で、グラーヴは砂利の意味で、畑は一面砂利でおおわれています。

この砂利がミネラル豊富のキレのいい辛口を生み出します。

五大シャトーの残る一つオー・ブリオンこの地域にあります。

ソーテルヌ地区

甘口の白が有名です。貴腐ワインの最高の銘醸地です。有名なのはシャトー・ディケム

 

ソーテルヌ地区

1855年の格付けによれば、特別1級がシャトー・デュケム、以下が級が11、2級が14ですべて白の甘口ワインです。

 

サン・テミリオン地区

1954年の格付けでは、第1級特別級(AとBに分かれる)と特別級に分かれ、第1級特別級シャトー・オーゾンヌとシャトー・シュヴァル・ブランの2シャトー、Bが9シャトー、特別級が63です。