ワインの産地 フランス

生産量ではイタリアに負けていますが、はやりフランスはワインの王様です。歴史、品質最高です。フランスは国土をほぼすべてワインの生産地です。フランスの品質をささえているのは、1935年に生まれたAOC法(格付けの法律)。法律によりワインの品質が決められ、ワインの品質向上につとめています。

さらには、ぶどう栽培に適した風土もフランスワインを支える土台となっています。土地の土壌、地勢、気候などすべてが適しています。

主な産地は、

ボルドー地方

コート・デュ・ローヌ地方

ラングドック・ルーション地方

シャンパーニュ

アルザス地方

ブルゴーニュ地方

ロワール地方

があります。

ぶどうの品種

どのワインも色・香・味はどれも異なっており、それはぶどうの品種の違いによるところが大きいです。

ワインを知るにはまず、ぶどうの品種を知ることが先決です。

ワインには単一の品種からつくられる単醸ワインと、複数の品種からつくられる混醸ワインとがあります。

レストランでワインを頼むとき、地名のボルドーやブルゴーニュなどのオススメとか頼むのもいいですし、ぶどうの品種、シャルドネとか、ピノ・ノアールでいいのありますかとか、聞くのもいいでしょう。

ぶどうの品種は世界中に5000種以上あります。そのなかでワインの原料になるのは約100種類。

 

白ワイン用のぶどう品種

シャルドネ

フランス・ブルゴーニュ地方やカリフォリニアの代表的品種で、非常に優れた辛口ワインになります。シャンパーニュ地方の最優良品種のひとつでもあります。

セミヨン

フランス・ボルドー地方のグラーヴやソーテルヌ地方で多く栽培されます。スーヴィニヨン・ブラン種と混醸されます。

ソーヴェニヨン・ブラン

 

ボルドー地方やロワール地方の品種。ボルドーではセミヨン種と混醸されます。ロワール地方では単独で用いられれます。

リースリング

ドイツやフランス・アルザス地方の代表的品種。さわやかな果実と豊かな酸味を持ったワインになります。

ミュカデ

フランス・ロワール地方のナント地区周辺で栽培されてる品種。フレッシュで軽い辛口タイプ

ゲヴュルツトラミネール

ゲヴュルツはスパイスを意味するドイツ語。フランス・アルザス地方やドイツなので多く使われる。ライチのような独特の芳香があり、味はまろやか。

 

赤ワイン用のぶどう品種

カベルネ・ソーヴィニヨン

ボルドー地方の最優良品種。複雑で深い味わいのワインになります。ボルドーではほかの品種と混醸しますが、カリフォルニアでは単一のものが多い。

ピノ・ノアール

フランス・ブルゴーニュ地方の最優良品種。単一で用いられ、ビロードのようなきめ細かい味わいのワインになります。シャンパーニュ地方でも用いられます。

シラー

フランスのコート・デュ・ローヌ地方や、オーストラリアで栽培される品種。

深紅色を帯びた重い飲み口のワインになります。

メルロ

ボルドー地方の最優良品種の一つ。サン・テミリオンやポムロール地区で主に用いられ、肉厚でコクのある良質なワインになります。

ガメィ

ブルゴーニュ地方ボジョレー地区で作られるワインに用いられます。フルーティーでライトな味わいです。

テンプラニーリョ

スペイン・リオハ地区の代表的品種。大変香りがよく、コクのある良質のワインになります。スペイン産ぶどうのスター的存在

 

ワインの産地

ワインの産地は、北緯30~50度、南緯30~40度でワインベルトと呼ばれています。

ぶどうがよく育つのは、年間平均気温10~20℃の温帯地域(北緯30~50度、南緯30~40度)で、とりわけ適しているのは育成期間(4~9月)に十分な日照時間がある地中海沿岸地域。水はけのよい土壌も欠かせない条件です。

 

国別での生産量は

イタリア、フランス、スペイン、米国、アルゼンチン、チリ、オーストラリア、南アフリカの順になっています。最近、南米のチリやアルゼンチン、南アフリカなど新興国の躍進が目立ちます。

 

ワインの種類

ワインとは、ぶどうの搾り汁を発酵させてつくる醸造酒のことでラテン語のvinum(ぶどう樹)が語源です。

 

ワインの色による分類

赤ワイン、白ワイン、ロゼワインに分かれます。色の違いは原料であるぶどうの品種とワインの製造方法の違いです。赤とロゼは黒ぶどうから、白は白ぶどうから作られます。

味による分類

ワインの味には大まかに分けて、甘いのから辛いのまであります。

食事には赤も白も辛いのが好まれ、食後なのどのデザート用のワインには甘いのが好まれる。

 

熟成期間による分類

ワインは醸造過程で瓶詰めされたあと、瓶の中でも熟成が続きます。

長期熟成(10~20年)のものから、早飲みタイプ(数年以内)、

ボジョレー・ヌーボーは9月にぶどうを収獲し、その年の11月に飲む早飲みです。

 

製造法による分類

 

スティル・ワイン

通常ワインと呼ばれれているのがこれで、発酵過程において生じた炭酸ガスを残していない、非発泡性のワインのこと。

スパークリング・ワイン

炭酸ガスの入った発泡性のワイン。代表格は、シャンパン

 

フォーティファイド・ワイン

発酵途中でブランデーなどアルコール度数40度以上の蒸留酒を加えて発酵を止め、味にコクを持たせると同時にアルコール度数を高めたもの。代表的なものにシェリーやポートがあります。

フレーヴァード・ワイン

ワインの中に薬草や香草類、果実、はちみつなどを添加して風味つけしたもの。

サングリアなどがあります。

赤ワイン

黒ぶどうの皮と果肉、果汁を使って作るので、色は赤になります。 皮が含まれているので、タンニンが多く、渋みがあります。常温で飲むのがベスト。 赤ワインの味わいは、ボディという言葉で表現されます。濃厚でコクのあるフルボディ、 ほどよいフルーティーさと渋みとコクのあるミディアムボディ、渋みやコクが少なくフルーティーなライトボディ。また冷やすほど渋みが強く感じられるようになるため、赤ワインは常温で飲むのが一般的です。赤ワインの味わい要素ボディ 飲み口が濃厚で重いものからフル、ミディアム、ライトボディの3つに分けられます。甘み ブドウの果実味のこと。品種によって、果実の完熟度によっても甘みは異なります。酸味 ブドウの酸味と、発酵によって生まれる酸味を合わせたもの。渋み ブドウの皮や種に含まれるタンニンが多いほど、より渋みが強く感じられます。製法基本的な製法は、まず皮ごと破砕機でつぶしたブドウをおおきな発酵槽に入れて、酵母を加えて発酵させます。このとき浮かんでくる果皮を押し下げたり、下層のブドウ液をホースで上に注ぐ作業(ルモンタージュ)が必要に。発酵期間は10~20日。発酵を終えたら、圧縮(圧力を加えて押し縮める)し、果皮や果肉を取り除きます。その後、柔らかな味にするために高級ワインは樽で、テーブルワインタンクで熟成。この間、不要物がオリとなって沈殿するので、これを取り除きます。赤ワインの味わいは、ボディという言葉で表されます。濃厚でコクのあるフルボディ、ほどよいフルーティーさと渋みのコクのあるミディアムボディ、渋みやコクが少なく、フルーティーなライトボディ。冷やすほど渋みが強く感じられるので赤ワインは常温で飲むのが一般的です。

白ワイン

白ブドウや薄紫のブドウの皮を取り除き。果汁のみを使用して製造するため、透明っぽい色に。発酵段階で出る酵母の死骸(オリ)を取り除くのも特徴。酸味の味がポイントです。爽快な飲み口がウリ皮を使わないから白い甘口、辛口があるブドウの皮を取り除く果汁のみで作るのが白ワイン。白ブドウだけではなく、皮の色の薄いブドウも使われ黒ブドウの果汁のみを使うケースもあります。皮を使わないため、色が薄く、透明っぽくなるのです。製法はまずブドウを圧搾機にかけて果汁のみを取り出した後、タンクに移し変え、酵母を加えて発酵させる。発酵温度は15度前後。ワインによっては不要物を取り除いてから発酵させる(デバブルバージュ)。白ワインはフレッシュな風味をだすためタンクで熟成させるのが一般的です。期間は6ヶ月~1年ほど。その間もオリ引きを繰り返し、ワインの風味が落ちるのを防ぎます。ろ過やブレンドの作業ののち、瓶に詰めます。白ワインは甘口、辛口に分けて味わいを表現します。製造過程で皮を取り除くため、渋みがなくさっぱりとした酸味が特徴。そのため、赤ワインのように重みやコクをボディで表現するのではなく、酸味やキレ味や糖度で表現するのが一般的です。

ロゼワイン

フランス語でばら色を意味するロゼの名の通り、ばらのような淡いピンク色のワイン。タマネギの皮のようなと表現される明るい朱色から紫がかった濃いピンクまで様々な色合いがあります。赤ワインと白ワインを混ぜるという製造方法もありますが、これはシャンパーニュ地方と日本以外では許されていません。一般的には赤ワインのように皮ごと破砕機でつぶし発酵させますが、ほどよい色になったら果皮を取り出します。これによって白ワインと赤ワインの中間色を保つのです。その後、タンクで10から15日間ほど発酵させ、オリを引き、ろ過を経て瓶詰め。これをいわゆるセニエ法といい、ロゼ独特の製造方法です。製造方法から分かる通り、赤ワインほど渋みが立たず、白ワインほど酸味が際立っていないため両者のよいところをもらったような軽い口当たり新鮮なフルーツの香りが残るさっぱりとした味がロゼワインの魅力です。

スパークリングワイン

スパークリングワインは炭酸ガスを含んだ発泡性のあるワインのことです。基本的な製法は大きく分けて三つあります。完全に発酵が終わっていない白ワインを瓶詰めにして、瓶の中で再発酵(二次発酵)させて炭酸ガスを発生させるシャンパーニュ方式、二次発酵をタンク内で行うシャルマー方式、そして炭酸ガスを直接吹き込む炭酸ガス吹き込み方式の三つがあります。スパークリングワインの中でももっとも有名なシャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方でシャンパーニュ方式を用い、ピノ・ノワールかピノ・ムニエかシャルドネを原材料として作られたものでそれ以外をシャンパンと名乗ることはできません。また一般的に古い原酒に新しい原酒をブレンドして造るため、ビンテージは存在しません。ただし、品質のよい年のブドウだけを使用するヴィンテージシャンパンというものもあります。世界的にはフランスのシャンパンのほか、イタリアのスプマンテ、スペインのカヴァ、ドイツのゼクトなどが有名ですが、近年、オーストラリアなども評価が高まっています。

ワインの選び方

品種、産地で選ぶ

まずはぶどうの品種を覚えることから始めます。

ワインの味わいのベースはぶどう本来の味。

白で甘いのお好みならリースリング、赤で重めが好きなら

カベルネ・ソーヴィニヨンといった具合に、自分の好みの

ブドウ品種を見つけることから始めましょう。

また、産地を選びましょう。

同じブドウの品種でも、作られる地域や作り手によって味わいが

変わります。国によっても違いますし、地域によっても変わります。

料理で選ぶ

料理に合わせてワインを選びましょう。

一般的には魚料理は白ワイン、肉料理は赤ワインと言われていますが、

決まりはありません。

白ワインは甘いものから辛いもの、

赤ワインは軽いものから重いものまであります。

飲む順番も関わってきます。

赤ですと最初は軽めから次に重い物へと変えるのがいいでしょう。