スパークリングワイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

スパークリングワインは炭酸ガスを含んだ発泡性のあるワインのことです。
基本的な製法は大きく分けて三つあります。
完全に発酵が終わっていない白ワインを瓶詰めにして、瓶の中で再発酵(二次発酵)
させて炭酸ガスを発生させるシャンパーニュ方式、
二次発酵をタンク内で行うシャルマー方式、そして炭酸ガスを直接吹き込む
炭酸ガス吹き込み方式の三つがあります。
スパークリングワインの中でももっとも有名なシャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方でシャンパーニュ方式を用い、ピノ・ノワールかピノ・ムニエかシャルドネを原材料として作られたものでそれ以外をシャンパンと名乗ることはできません。
また一般的に古い原酒に新しい原酒をブレンドして造るため、ビンテージは存在しません。
ただし、品質のよい年のブドウだけを使用するヴィンテージシャンパンというものもあります。
世界的にはフランスのシャンパンのほか、イタリアのスプマンテ、スペインのカヴァ、ドイツのゼクトなどが有名ですが、近年、オーストラリアなども評価が高まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です